• White Twitter Icon
  • White Facebook Icon

©2016 Hivelinx Records All right reserved.

 
 

ハイレゾで味わう!

イージー・リスニングは究極の美味

マントヴァーニ・オーケストラ/ニュー・ポール・モーリア・グランド・オーケストラ/

フランク・チャックスフィールド・オーケストラ 担当

キングレコード株式会社 ストラテジックマーケティング本部制作部

宮田 克己

クラシックや映画音楽から派生したイージー・リスニング。

70年代には一般ポップスのヒットチャートを賑わせるなど、不朽の名作も数多く、現在でも幅広くファンから愛されています。

 

今回その名曲、各楽団を新録音することで、より良質なイージー・リスニングの世界をスタジオ録音時と同スペックのハイレゾ・フォーマットで皆様にお届けしたいと制作しました。

ハイレゾである以上クリアーな音質というのは当然の事。こだわったのはレシピです。

新録音にあたり、もっとも気をつけたことは、全てにおいて「出来るだけオリジナルに忠実に」ということです。

譜面の手配などには特にこだわり、楽団の名義を継承している人や会社などを中心に探し出しました。

どうしても見つからないものはオリジナルに沿って譜面を起こすことになりますが、新たなアレンジは余程の事がない限り施していません。

楽団の編成が当時と新録音時とでは違うことがありますので、その際にはオリジナルに合わせたアレンジを施してあります。

レコード・ヴァージョンと頻繁にコンサートで演奏していたヴァージョンではアレンジやテンポが違うものがあり、どちらを採用するか難しい判断もありましたが納得のいく作品に仕上がっております。

この様なイージー・リスニング音源を21世紀のデジタル時代に新録音しているレコード会社は世界中を探しても他にはおそらくありませんので、貴重なオーケストラ・サウンドを、ゴージャスな気分で堪能して頂けると思います。

イージー・リスニングの魅力は、ポピュラー音楽において究極の贅沢が味わえることだと思います。

マントヴァーニやフランク・チャックスフィールド等は最盛期、100名ほどの楽団編制で演奏をしていました。

大編制の楽団は勿論クラシックにもありますが、シンフォニーだと1曲70分ほどをその編制で演奏します。

ところが、イージー・リスニングは1曲3分ほどを同じ様な編制で演奏する訳です。

やや強引な比較ではありますが、1曲単位ではイージー・リスニングはクラシックの20倍以上のコストを掛けていると言えなくはありません。

コンピューターではなく、大変多くの人が関わって作った音楽ですので、機械に頼る事が多くなった現代の大衆音楽界では抜群の贅沢です。

感動したり、楽しかったりする親しみ易いメロディーをこのような贅沢な演奏で聴く喜びはイージー・リスニングの他ではなかなか味わえないのではないでしょうか。

 

細部にわたる繊細な音へのこだわり

フランシス・レイ/ミシェル・ルグラン 担当

キングレコード株式会社 キング関口台スタジオ

マスタリング・エンジニア

矢内 康公

トラックダウンされたマスター音源の魅力を最大限に引き出す事が楽曲の音質を高く保つとの観点から、機材選びなどには細心の注意を払っています。

 

本作品群では、特にオーケストラや生楽器の演奏に注目して頂きたい。

1つ1つの楽器の音がより鮮明に聴こえる方向性のマスタリングを心がけました。

 

最終的な販売形態は、録音そしてトラックダウンされたマスターと同スペックのデジタルファイルであり、サンプリングレートやビットレートを落とす必要がありません。

 

またアナログ伝送による音の損失を避けるため、全てデジタルの機材を使用することでフレッシュかつ大胆なサウンドが体感できます。

 

マスタークロックはクリスタルオシレーターの10万倍の精度を誇る、

Antelope社のISOCHRONE 10Mを使用しており、より正確なモニタリング環境を整えています。

また、ジッターを防ぐためにPCドライブはSSDを使用しています。

 

使用機材リスト

DAW:Prism Media Products社 [SADiE]

Digital Effecter:t.c.electronic社 [System6000]

Clock:Antelope Audio [ISOCHRONE 10M with Trinity]